各オフィスのお電話番号一覧

特集コラム

遺言書 家族信託®

家族信託®(民事信託)の代表的な3つの活用事例

家族信託®(民事信託、以下家族信託®と記す)は信託の目的に沿って、自由度が高い設計ができるのが特徴です。ご本人やご家族の事情に合わせて活用しやすい制度であり、現在抱えている悩みや将来の不安をうまく解消する仕組みと言えるでしょう。今回は、家族信託®の代表的な4つの活用事例についてご紹介します。

1.認知症対策、介護費用捻出のための活用

家族信託®(民事信託)の代表的な4つの活用事例
核家族化が進む現代において、高齢の親と子どもが離れて暮らしていることはめずらしくありません。最初の事例として、認知症対策・介護施設入所のために家族信託®を活用したケースを見ていきましょう。
Aさんの母親は栃木県の実家で一人暮らし、息子であるAさん家族は東京都内に家を購入して暮らしています。Aさんの母親は物忘れが多くなったため、そろそろ家を売って老人ホームに入ろうと考えていました。

一方、Aさんは念願のマイホームを購入して将来実家に住む予定がないこと、今の暮らしで手一杯で母親の介護費用を負担するのが難しそうだと感じていました。
Aさんの母親は家族信託という®制度があることを知り、息子に「家を売る権利」を託しました。自分が認知症などで判断力がない状態になったとしても財産を凍結させず、息子が家を売却できるようにするためです。

信託契約を結んでからしばらくして、Aさんの母親は認知症と診断され、一人暮らしを続けていくのが困難になりました。そのため、Aさんは信託契約に基づいて実家を売却し、母親の介護施設への入居費用に充てました。
このケースから学べるのは、認知症にならないうちに家族信託®の契約を結ぶことで、親親の老後の暮らしを守ることができた点です。いざというときに実家を売却でき、介護費用を捻出できたので、Aさんの母親は望んだとおりのタイミングで介護施設に入ることができました。

2.収益不動産を所有する不動産オーナーのための活用

家族信託®(民事信託)の代表的な4つの活用事例
次に、収益不動産を所有する不動産オーナーが家族信託®を活用したケースを紹介します。

Bさんの父親はアパート経営で生計を立てています。近くに住む長女のBさんはしっかり者で両親のことをいつも気にかけていますが、長男は浪費家で最近は疎遠であるため連絡もほとんどない状態です。

Bさんの父親は高齢のためアパートの管理が難しくなってきたと感じており、長男は浪費家であるので、管理はしっかり者のBさんに任せたいと思っていました。一方、Bさんも父親の体調を心配しており、自分が代わりにアパートの管理を行えるようにして、父親に安心して暮らしてもらいたいと思っていました。

そこで、Bさんと父親は家族信託®を活用し、アパートの管理はBさんが行い、家賃収入を生活費として父親に渡す信託契約を結びました。Bさんの父親が亡くなったあとは、Bさんの母親に家賃収入を渡し、母親も亡くなった後はアパートの権利はBさんが相続するという内容です。

家族信託®を利用すれば、Bさんのように信頼できる家族に不動産の管理を任せることができ、なおかつ浪費家である長男にはアパートの権利を渡さないという仕組みを作ることができます。また、財産の承継について2代に渡って指定することもできますので、父、母、Bさんの順に財産を引き継いでもらうことも可能です。

遺言では1代先までしか財産の承継先を指定できません。

3.親なきあとの障がいを持つ子のための活用

家族信託®(民事信託)の代表的な4つの活用事例
障がいを抱えた子がいるご家庭では、親なき後の問題に頭を悩ませる方も多いことでしょう。ここでは、障がいを持つお子さんのために家族信託®を活用されたCさんのケースを見ていきましょう。

Cさんには長男・長女の2人の子どもがあり、長男には重度の障がいがあります。
Cさんは、自分が亡くなったあとに誰が長男の面倒を見てくれるのか心配していました。また、自分が認知症になってしまった場合に資産が凍結されるのも気になっている状況でした。

この事例の場合、Cさんと長女との間で信託契約を結びました。託された財産を管理するのは長女、Cさんが健在のうちは、財産から生まれる利益を受け取る人(第一受益者)はCさん、Cさんが亡くなった後は財産から生まれる利益を受け取る人(第二受益者)は長男、長男の死亡を以て信託契約を終了し、終了後は長女が残った財産を相続する設計としました。

長女のような信頼できる家族に財産の管理を任せ、親なきあとは長女に長男を支援してもらい、最終的には長女が財産を承継するというようなスキームも家族信託®を活用することで可能になります。

まとめ

ご紹介したように、家族信託®を使って、さまざまな局面を乗り越えることができます。元気なうちに必要な準備を整えておけば、家族間のトラブルも未然に防ぐことができます。コスモでは、家族信託®について法律面からのアドバイスだけでなく、ご相談者様の状況や事情にあわせて丁寧に対応いたします。家族信託®の仕組みについて聞いてみたいとお考えの際は、ぜひコスモにご相談ください。